2009年06月24日

電験三種過去問無料解説

予備校講師の田原が、電験三種(理論)の過去問を無料で解説します。

問題を解くときに、どのように頭を使っているのか?

公式暗記は必要なのか?

交流回路をどうやって解けばよいのか?

なにかうまい解き方はないのか?

それらの疑問がきっと解けることでしょう。


こちらから、受講できます。

 ⇒ 電験三種(理論)過去問無料解説
(2009年6月19日〜6月28日までの期間限定公開です。)

2008年05月29日

インターネットを用いた電験三種学習法

電験三種(理論)の講義をインターネットを用いて自宅から受講することが出来ます。

DVDとの違いは、講師にサポートSNSから質問できること、2倍速再生でどんどん勉強できることです。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論
posted by den3 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 電験三種学習法

電験3種の科目合格制度

科目合格制度(科目合格留保制度)」は、1回の試験で4科目全てに合格しなくても、3回の試験で、4科目に合格すればよいという制度です。

ただし、3年以内に4科目の合格ができない場合には、3年を過ぎた科目についてやり直しになります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の願書の出願

受験申込書配布時期 : 毎年5月上旬頃から
受験申込書受付期間 : 5月上旬〜6月上旬
試験実施日     : 毎年8月下旬〜9月上旬の日曜日
試験手数料     : 郵便申込 5,200円・インターネット申込 4,850円

(日程などは変更されることもありますので、事前に確認してください。)

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の受験資格

電験3種には受験資格として必要なものはありません。国籍、年齢、性別、経験などは問われず、受験願書を提出して、合格点を取得するだけです。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の出題傾向

電験3種では、過去に出題された問題の類似問題が、くりかえし出題される傾向があります。類似問題の繰り返し周期は約5年間といわれています。類似問題の共通性に気づき、解法を発見することができれば、解答することが楽になります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の合格ライン

電験3種の合格ラインは6割です。ただし、合格ラインが8〜15%に入るように合格ライン調整を行っている可能性があり、7割が安心ラインのようです。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の問題レベル(難易度)

工業高校の電気科卒業レベルといわれていますが、工業高校卒業生が合格することは珍しいため、工業高校で学ぶ内容を完全に理解しているレベルが求められていると思われます。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の試験形式

4科目とも5者択一式です。選択肢5個の中から正解と思う1つを選択する方式です。

空白問題や正誤問題などの論説問題と、計算問題に分類することができます。

理論は、論説問題9問、計算問題9問
電力は、論説問題11問、計算問題6問
機械は、論説問題10問、計算問題8問
法規は、論説問題10問、計算問題3問

です。

プログラム機能のない電卓の使用が認められていますので、
計算問題では、複雑な計算式を必要とする問題が出題される可能性が高いです。


<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種(法規)の出題範囲

電気法規(保安に関するものに限る)、電気施設管理

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論