2009年06月24日

電験三種過去問無料解説

予備校講師の田原が、電験三種(理論)の過去問を無料で解説します。

問題を解くときに、どのように頭を使っているのか?

公式暗記は必要なのか?

交流回路をどうやって解けばよいのか?

なにかうまい解き方はないのか?

それらの疑問がきっと解けることでしょう。


こちらから、受講できます。

 ⇒ 電験三種(理論)過去問無料解説
(2009年6月19日〜6月28日までの期間限定公開です。)

2008年05月29日

電験3種の出題傾向

電験3種では、過去に出題された問題の類似問題が、くりかえし出題される傾向があります。類似問題の繰り返し周期は約5年間といわれています。類似問題の共通性に気づき、解法を発見することができれば、解答することが楽になります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種(法規)の出題範囲

電気法規(保安に関するものに限る)、電気施設管理

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種とダブルワーク

電験3種取得者が、自分の休日に企業と契約し、電気設備の点検を請負うことで、点検料が副収入となります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と独立起業

電験3種の資格取得者は、電気管理士事務所を開設し、独立起業することもできます。
経済産業省は、電気の安全を確保するため、高圧受電(交流で600V以上の受電)の需要家に電気主任技術者を置くように定めていますが、社員に電験3種取得者がいない場合は、電気管理士事務所に委託します。
月に1回の半日点検で、2〜4万円の点検料を支払います。電気工事が発生した場合は、工事金額の何%かが電気管理士事務所の収入となります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と収入増

電験3種取得者は少ないため、人材不足のため資格手当(数千円〜2,3万円)が支給されます。
合格祝金を支給しているところや、給与を増額しているところもあります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と就職・転職

電験3種を持っている技術者は、就職や転職に有利に働きます。
不況の時代に強い資格だといえます。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論