2008年05月29日

電験3種(機械)の試験範囲

電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス、電力システムに関する情報伝送及び処理

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種(電力)の試験範囲

発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用、電気材料

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種(理論)の試験範囲

電気理論、電子理論、電気計測、電子計測

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種の合格率

平成18年度は、受験者数41,133人に対して合格者は4,416人で、合格率は10.7%でした。電験3種の合格難易度は、毎年8%〜15%であり、難関試験であるといえます。多くの合格者が、1年で合格することができず数年を要しているようです。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種とダブルワーク

電験3種取得者が、自分の休日に企業と契約し、電気設備の点検を請負うことで、点検料が副収入となります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と独立起業

電験3種の資格取得者は、電気管理士事務所を開設し、独立起業することもできます。
経済産業省は、電気の安全を確保するため、高圧受電(交流で600V以上の受電)の需要家に電気主任技術者を置くように定めていますが、社員に電験3種取得者がいない場合は、電気管理士事務所に委託します。
月に1回の半日点検で、2〜4万円の点検料を支払います。電気工事が発生した場合は、工事金額の何%かが電気管理士事務所の収入となります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と収入増

電験3種取得者は少ないため、人材不足のため資格手当(数千円〜2,3万円)が支給されます。
合格祝金を支給しているところや、給与を増額しているところもあります。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論

電験3種と就職・転職

電験3種を持っている技術者は、就職や転職に有利に働きます。
不況の時代に強い資格だといえます。

<電験三種の無料講義>

現役予備校講師の無料講義→電験三種・理論